-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-04-10 16:26 | カテゴリ:[Love]出会い
彼との出会いは、昨年(2005年)の3月。
私の生徒さんのお宅へ行った時、その方の会社の取引先の方とともに、
飲み誘われたのがきっかけ。
私の生徒さんは、50代半ばの方。
彼、当時29歳。
(私は、2歳半年上です。)
状況からしたら、紹介してくれたのかな?
と思いますが、そうでもなかったようです。
ま、ただ、飲みに行きたかっただけ・・・みたいな。

車で迎えに来ていた彼の顔を見る前に、車の後部座席に
乗せられてしまって、どんな人かもよく分からない。
でも、出発する前に仕事の電話がかかってきて、
彼が電話で話していた時に、

なんて優しい話し方をする人なんだろう!!!

と思ったんです。
営業さんなので、感じよく話するのは、当たり前なのかもしれませんが、私は、営業マンぽく調子よく喋る人が嫌いだったんです。
なのに、そういう嫌さが全くなくて、こんな風に話す人初めてだなぁと思ってた。
ま、顔を見る前にそういう所に惹かれてたのかもしれません。


参加してます→人気blogランキング
スポンサーサイト
2005-04-10 16:12 | カテゴリ:[Love]出会い
guiness001.jpg

その頃、私は世田谷区に住んでいました。
彼は、埼玉県。
ま、電車乗れば1時間もかからないんですけどね。
でも電車移動しかしない私と、車移動しかしない彼。
我が家は、家も狭いし、駅から1分ほどの所だったために、
車で来る彼にとっては、ちょっとたいへん・・・。

そこで、私が彼の家へ行くことが多かったわけです。

それにもうひとつ・・・


ミニチュアダックスのギネスくん。
この子が彼の家にいたんです。
1月10日生まれで、私が初めて会ったのが3月なので
2ヶ月の子犬。
もう、可愛くて可愛くて・・・。

近所には歩いて行ける範囲に、行きつけのお店が何軒かあって、いつもそこで、ちょっと飲んで家でワンコと遊ぶ。
そんなデートがほとんどでした。

週に4回~5回、会ってました。
だから、5月の彼の誕生日に、彼から、一緒に住む?と言われた時も、
早すぎるとは思わなかったのです。
2005-04-10 15:32 | カテゴリ:[Love]出会い
一緒に暮らす、ということ。
世間からは、同棲と言われることなんですよね。
同棲っていう言葉は嫌いです。
ま、micoの両親は、何でもOKな柔軟な考え方なので、
話したら、あらそう、家賃の節約?的なことを言われた。
ひ、ひどい・・・(笑)
だけど、彼は、一緒に暮らすからには、ご両親に挨拶に
行くと言い出した。

まるで結婚するみたいだなぁ、挨拶だなんて・・・

と、思ってた。
そして、まずは実家へやってきて、ごはんを食べて、一緒に
住むということを報告。
とはいえ、私が、彼と一緒に住むんだ~と言ってたので、
彼がそういう話をしても、知ってるってば・・・って感じで
ただご飯食べに来ただけみたい(笑)
でも、なんだか、ひたすら嬉しかった。

そして、7月末にはお引越し。

昨年の年末からお正月は、彼の両親にも会った。
すごく楽しいご両親で、初対面なのに、3泊もしてしまいました。
きっと、年末年始は緊張して、食べたいものも食べられないから
正月太りもせずに済むかなぁ、と思ってたのに、
ばっちり正月太りしてました。
リラックスしすぎですよねぇ・・・

参加してます→人気blogランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。