-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-08-17 11:39 | カテゴリ:[mico☆Life]いろいろ
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ハワイウエディング
ちょっと間が空きましたが、夏休み3日目です。
白馬から車で20分のところに南小谷という駅があります。
ここから1両しかない電車があるんですよ。
冬は電車じゃなくてディーゼルで運転してるみたいです。
きっと電車マニアなら喜びそうな、古くて昔っぽいこんな電車。


こうやってmarが一緒に映ってると、この人鉄ちゃん?と思いますよね。

これに乗って行った場所。

蓮華温泉というところです。

有名なのかな?

またしても画像盛りだくさんなので分けますね。
なんと入浴シーンがあるかも?!?!w

あ、その前にこっちもお願いします。→ランキング






まず、電車の中。
renge007.jpg

モザイクしても、なんだかアンパンマンのように顔がまんまるでパンパンなのは隠せません(-_-;)
窓の外は山、川。
向かい合わせのボックス型の席が、なんとも旅行チックでいいです♪
renge002.jpg

窓の外には、こんなおうちがあったりします。

この路線、大糸線というんですが、もしかしたら廃線になるかもしれないんですって。
これに乗って20分。
平岩という駅に着きます。
なんとココの駅、すでにJR西日本なんですよ!
関西人も多いわけです。
そして、蓮華温泉へはこの平岩駅から、さらにバスで70分!!
延々と山道を登っていきます。
この大糸線という電車。
1時間に1本どころではありません。
お昼時は3時間近く電車が来ませんorz

しかも、乗り継ぐこのバス。
これも夏だと増発してるとはいえ、1時間に1本です。
うまく計画しても、駅で20分の待ち時間です。
駅前に小さい酒屋兼雑貨屋さんが1軒ある以外はなーんにもありません。
時間もつぶせません。
バスで登った先には、蓮華温泉ロッジという宿泊もできるところがありますが、そこの内風呂の温泉と、野店風呂に入るために800円払います。

野天風呂がいい感じだよ、と聞いてたのですが、山の中に4つあるそうで、小屋もないので女性は水着がないと無理です。
ロッジで水着に着替えておきましょう。

野趣溢れる野天風呂をお楽しみください
、とか書かれてましたよ。確かに、野趣溢れてますよ。
だって。
ロッジから一つ目の温泉まで徒歩5分と書かれてますが、ものすごい山道なんですよ。登山気分満喫で辿り着いた1つ目の温泉。

これが、

三国一ノ湯

renge003.jpg


は???

うちの風呂の方がデカイんですけど?(笑)


硫黄の香りがきつかったのと、昨夜の雨のせいかぬるかったので、
ここは写真だけにしておきました。
ここからさらにきつい山道。
2つ目が見えたのですが、男性が一人で入浴中。
さらに上へ向かうと・・・


renge004.jpg

こんな感じで湯気が見えています。
4つのうちのいちばん上にある温泉が

薬師ノ湯

renge005.jpg


前に居た熟年夫婦が、出たばかりだったので、さー入ろう!と思ったらそこに女性二人が到着。
そのお2人、40歳くらいでしょうか。
なんと水着着ていないらしく、marを見て

とりあえず、しばらくは男子禁制で~!

なんて言い出した。

は?

微妙に私たちのほうが、先に到着してたんですけど?

じゃ、おばさん禁制で~

あ、私も入れなくなっちゃうかもしれないので言いませんよ(笑)

呆れたので、先ほどの男性一人のところへ行きました。
ちょっと年上くらいの人でしたが、とってもいい人で、私が洋服を脱ぐ時とかに、

じゃ、後ろ向いてますから!
と言ってくれたりしました。

しかも。

こんなお写真まで撮っていただいて・・・

renge006.jpg


仙気ノ湯
という名前です。

スミマセン・・・。

入浴シーンですw

お湯がつるつるしてて、とーっても気持ちよかったです。
空気が冷たくて涼しいので、長く入っててものぼせないし、
なんといってもこの景色。
30分以上入ってたかも^^;

この後、降りていく途中にもうひとつ。

黄金湯

というのがあるのですが、前の温泉に満足しすぎたので写真も撮らずに通り過ぎました。
ロッジに戻って、さらに内湯にも入ってきましたよ。

大糸線の平岩の先へ行くと、糸魚川という駅に着きますが、ココ
日本海側なんですよ。
ほんとは行きたかったけれど、そんなことしたら帰れそうになかったので諦めました。
次回は、長野から日本海側へ出て美味しい海の幸でも食べて帰りたいなぁ。

こんな感じの夏休みでした。

この次の日、帰りますが、帰った後のおまけもまた書きます

→ランキング
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://guiness.blog7.fc2.com/tb.php/179-ab21520a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。